投資顧問なら実態はナイサが合っている株式比例配分

実態はナイサが合っているものとして株式比例の配分があります。投資顧問がいろいろな運用商品を販売していますが、これらに投資をすることによって利益が発生した場合、それに対して税金が発生することがあります。税率は20%が原則ですから、利益の2割もが税金として取られることになります。これが嫌だと思うのは自然なことで、そう思う人なら実態はナイサが合っていると考えられます。

課税は売買差益に対しても行われますし配当金や分配金などに対しても行われます。配当金や分配金は、それを別の口座で受け取ることもできます。保有している株式はそのまま保有しておいて、配当金だけ銀行口座で受け取るといったことも可能です。定期的にキャッシュを受け取りたい人がこのような方法をとることもありますが、別の口座で受け取るのではなくて、株式などを売買している証券口座で受け取ったほうが良い場合もあります。このようにして、証券口座で受け取ることを株式比例配分と呼びます。

株式比例配分を利用すれば、配当金や分配金は証券口座で受け取りますから、それを再投資したいと思ったときには便利です。また、証券口座のMRFなどを用いれば、高金利で運用できますからメリットは大きいといえるでしょう。実態はナイサが合っている受け取り方法がこの株式比例配分です。というのは、非課税の条件となっているからです。もしも別の口座で受け取った場合には、それに対して税金が発生しますから注意が必要です。投資顧問の運用する投資信託などを利用して投資をする場合、一般的な口座で分配金を受け取るのと課税されますから、投資顧問を利用する場合でも配当金や分配金の受け取りの方法には注意が必要です。

ページトップへ