投資顧問は優しいアドバイスをする人を選ぶのがコツ

低金利時代になり単純に預金をしたのではなかなか資産が増えない時代になり、銀行などの金融機関はなかなか資金調達を預金で行うことが難しくなっています。その為投資信託に業務の主軸を移す金融機関が増えており、従来ではあまりこのような投資商品を扱わなかった銀行でも最近では投資信託などの勧誘を行うようになっています。
しかし、余りにも投資商品が増えておりそれぞれに特色があることから、どれを選べば自分の資産を効果的に運用できるかが分からないという人も少なくありません。そのときには良い投資顧問を見つけて常に相談に乗ってもらうことがより良い方法と言えます。
一口に投資顧問と言っても、商品知識や経済に関する智識が豊富な人や、非常に先進的な考えの人など様々な人がいるものです。特に多いのが、専門的な知識を持っているために非常に難しい説明をしてしまう人です。特に高齢者の方などは経済の専門用語をいきなり話されてもその意味が分かりません。
有りがちなのが、リスクという言葉の使い方です。投資商品にリスクは付き物、という言葉はある程度投資を行ってきている人なら直感的に分かるものですが、これから投資信託を始める高齢者などは意味が分からず、実際に預けて元本割れしたあとでトラブルになってしまうこともあるのです。その為、相手の知識に合わせて優しい言葉でアドバイスをしてくれる投資顧問を選ぶことが大切です。
このような投資顧問は相手と話をしながら、相手の知識がどのくらいなのかを判断し、その相手に合わせて内容をかみ砕いて優しく丁寧に説明してくれます。リスクが有るという言葉で片付けるのではなく、企業にお金を預けることで、その企業が利益を上げれば増えるし、企業が赤字になればお金が減ってしまうこともあるということをきちんと説明してくれる投資顧問が良い投資顧問です。

ページトップへ